インストラクター達のReal Voice


当校には様々なインストラクターが所属しております。

技術だけではなく内面の魅力もご紹介できればと思い、

現役で活躍している当校のインストラクター達にインタビューをしてみました!

これからインストラクターを目指す方や、興味のある方にも参考になると思いますので

インストラクター達の生の声をぜひご覧ください。


牧野 太郎 インストラクター歴9年  担当:パーク&グラトリレッスン】

Q.インストラクターになろうと思ったきっかけは何ですか?

 

長くスノーボードを楽しんでいくために、ただ遊びでやってきた事を形にしようと思い、バッジテストを受けたことがきっかけでインストラクターの道が開けました。

 

 

Q.インストラクターのやりがいを感じる瞬間、喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

 

これはもうお客様に喜んでもらえた瞬間すよね。

お客様が出来なかったことを克服出来た瞬間とか、新たなことができるようになった瞬間を共有して、一緒に楽しめたときは最高の瞬間ですよね。

 

 

Q.これからの目標は?

 

大会とかではなくて、自分がスノーボードを楽しんでいくこと

スノーボード好きじゃないのにイントラやってたら、喜びは伝えられないとおもっている。

 

 

Q.インストラクターを目指す方へのメッセージ

 

これは自分が日々体感していることなんですが、テストのために勉強するよりも、他の人に教えようと思って学ぶとより自分の身になるって聞いたことがあります。要するに、スノーボードも他人に教えようと努力することで、結果自分の上達の一番の近道になりますよ。



小寺 美帆 インストラクター歴6年  出身:鹿児島県】

Q.インストラクターになろうと思ったきっかけは何ですか?

 

地元が鹿児島なので自分の周りにほとんどスノーボードをする人がいなくて、一緒に滑れる友達が欲しいな〜と思っていました。ふとあるときに、「自分が教えれるようになったら友達増やせるぞ!」と気づいて、インストラクターの道を目指そうと決めました。 

 

 

 

Q.インストラクターのやりがいを感じる瞬間、喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

お客様が喜んでくれた瞬間が何よりも嬉しいですね!スノーボードが初めての方から「またやりたい!」「もっと滑りたい」っていう声を聞けたときや、すでにターンできる方の滑りが変化した瞬間はお客様と一緒になって喜んじゃいます。本当に嬉しい瞬間です。 

 

 

 

Q.これからの目標は?

 

これからというかずっと目標にしているのが、「スノーボード"の楽しさを伝えていくこと」です。スノーボードはカービングしたり、パウダーを滑ったり、グラトリしたり、壁で遊んだりなど色んな楽しみ方があります。ただ人それぞれ楽しいと思うことは違うと思うので、その方に合った楽しみ方を伝えていきたいと思っています。ただ、そのためにはまず伝えれる技術がないと始まらないので、自分の更なるスキルアップを目指しています!

 

 

Q.インストラクターを目指す方へのメッセージ

 

 インストラクターといっても漠然としていてイメージがつかないことも多いと思います。私自身もどんな生活になるんだろうとかなり漠然としていましたから。なので、わからないことや、不安なことがあればまず問い合わせてみて、色んな不安を解消していくことから始めるといいのではないでしょうか。

働き方や過ごし方、タイムワークなど、どしどし質問お待ちしてます!

迷っている方はまず相談してください!



小林 恭子 インストラクター歴年  担当:グループレッスン】

Q.インストラクターになろうと思ったきっかけは何ですか?

 

自己流でスノーボードをやってきた為、友達に教えてほしい!と言われたときに全く教えられなかった。そのときに悔しいきもちになり、教えられる基礎を勉強したいと思った!

 

 

Q.インストラクターのやりがいを感じる瞬間、喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

 

分かりやすい!と言われた時や、レッスンが終わった後でも一生懸命滑っている姿を見たとき。レッスン以外の時間も「先生ー!」と笑顔で声をかけてくれたとき。スノーボードを安全に滑走する知識を伝えているとき。(特に初心者の方) 

 

 

 

Q.これからの目標は?

 

インストラクターとして、自分の滑走スキルアップは勿論、伝える力もスキルアップしたい。スノーボードの楽しさをもっと伝えられるようになりたい!

 

 

Q.インストラクターを目指す方へのメッセージ

 

色々な方を教えることにより、その度にインストラクターとしての知識の引き出しが増えていくので、成長も出来るし、達成感もあります!さらにインストラクター同士で話をすることで勉強にもなるし、それを次に活かせるし、自分の自信にもつながるので、とてもやりがいがあります!



杉浦 里奈 インストラクター歴年  担当:グループレッスン】

Q.インストラクターになろうと思ったきっかけは何ですか?

 

趣味でスノーボードをしていたのですが、知り合いに「インストラクター興味ない?」と誘われて、「じゃあやってみようかな?」と思ったのがきっかけです。

 

 

Q.インストラクターのやりがいを感じる瞬間、喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

 

私はとくにスノーボードが初めての方を担当させて頂くことが多いのですが、板の付け方も知らなかったお客様が、1人で滑れるようになって「スノーボード楽しい!」と言ってくれた瞬間です。

 

 

Q.これからの目標は?

 

更なる成長!!

まだスノーボードを体験したことない方に楽しさを広めたい!

 

 

Q.インストラクターを目指す方へのメッセージ

 

スノーボードが好きで、この楽しさを広めたいって方はもちろん、自分がもっと上手くなりたい!って方にもいいと思います!